今日は、
長女(当時小2)が魔法の高次元手帳セミナーを
受けた時のエピソードを書こうと思います。

はるばる東京から講師のN根さんが
地元友の会に来て開催して頂き

友達親子(子供同士が同級生)もお誘いして
我が家も初めて親子でセミナー参加しました。

正直、小2で内容が
理解できるか不安だったのですが
「子供さんは、寝っ転がっていても
ゲームしていても、ちゃんとわかっていますよ!」
と言われ…いざスタートしました。

後ろに座った長女から
小声でママ、まだ終わらない~とか💦
気がついたら寝ていたのです😱

当時、友達親子が
遠くに引っ越しした為
セミナーに備え前日に我が家に泊まり
子供達がテンションあがって
朝早く起きたから眠かったのです。

やっぱり、子供には受講早かったかなぁと
諦めモードになっていたら

ちょうど後半
手帳の書き方の説明の時に
ムクっと起きたようで
同級生の友達に手帳の書き方を
長女が教えていたのです。

え~ほとんど寝ていたのに
本当にわかってる???

それが、大目標や決定事項も
書けていたのです!!

自宅に帰ってきて
更にビックリ!!

わからない事があれば、
こちらまで…という案内の

講師N根さんの名前と
電話番号まで
手帳に書いていたのです!!

本当に、子供はちゃんとわかっていました!!
学長講話が長女の深いところまで届いていたんですね!!

魔法の高次元手帳は
真我教育にもピッタリですね!!

最近、親子で一緒に手帳を書いていなかったので
また、気持ち新たにスタートします!

P.S 今日は、次女(年長)が書き方わかるから自分でやる!と
せっせと書いた通り、明日の服の準備をして、さっと寝ました!!


今日も最後までお読み頂き
ありがとうございました✨